血圧を測るときに知っておくべき大切なこと~測定方法と正常値など~

 血圧を普段から測っていますか?せっかく血圧を測るなら、測るときのポイントや正常値などをちゃんと知っておくことも大切ですよ

 私は天使ではありませんが看護師です。血圧を知ることは体調の変化に気がつくことに繋がります。ちょっと血圧測ってみませんか?

1.正常・高血圧ってどれくらいか知っていますか!?

 これって意外と知らないんですよ。私も上が130超えたらちょっと高い、140超えたら高血圧って認識です。自分の血圧がどれくらいなのかちゃんと知ることは案外大切ですよ。

成人期の高血圧の分類はこんな感じです
※収縮期が上で拡張期が下の血圧になります

分類 収縮期血圧(mmHg) 拡張期血圧(mmHg)
正常値 至適血圧 <120 かつ <80
正常血圧 120~129 かつ/または 80~84
正常高値血圧 130~139 かつ/または 85~89
異常値 Ⅰ度高血圧 140~159 かつ/または 90~99
Ⅱ度高血圧 160~179 かつ/または 100~109
Ⅲ度高血圧 ≧180 かつ/または ≧110
(孤立性)収縮期高血圧 ≧140 かつ <90

※表参照(日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」)

ご自身の血圧がこの中でどれくらいにあるのかをしっかり把握したうえで血圧を測っていきましょう。

2.血圧はいつ測るのがいいの!?

 食後や家事をした後、入浴後など血圧が変動する要因が日常生活の中にも沢山あります。そのため基本的には同じ条件で計測することが大切です。

 カフェイン、たばこ、飲酒は血圧の変動要因となります。そうした要因を除外した環境での測定となると朝に測るのがベストかもしれませんね。できるだけ落ち着いた環境にしてから血圧は測りましょう!

①朝の起床後の1時間以内
②就寝前
のどちらかがいいでしょう。いつも同じくらいの時間に同じ条件で測ることで、環境の変化などにる変動を少なくすることができます。
 
 

3.意外と繊細!血圧は結構変化する

 血圧はいつ、何処で計測したのかということが大切になります。一般的に自宅よりも病院で計測した時のほうが高いです。また朝より昼のほうが血圧は高めです。

①白衣高血圧
診療所で血圧を測ると高くなる傾向があるというのを「白衣高血圧」といいます。白衣を着ている人に血圧を測られるってプレッシャーを感じませんか?

「高かったらどうしよう」
とか思うことで交感神経が頑張ってしまうので、血圧が普段よりも高くなることがあるんですよ!

 そのため家庭での普段の血圧測ても目安として非常に大切となるです。病院で測って血圧が高くても、家で普段から測っているのが正常の範囲内だったら正常なんです。そのため普段から自分の血圧がどれ位なのかをしっかりと知っておくことが血圧の管理では重要なんです。

②仮面高血圧
 逆に病院では正常なのですが家庭で測ると高いというパターンもあります。常に血圧が高いわけではないのですが高血圧というパターンもあります。

 夜間高血圧、早朝高血圧など高血圧などある時間に血圧が高い傾向にある場合などがよく知られています。そのため朝晩1回ずつ測ってみてどれくらい血圧に変化があるのかを知っておくことも大切だったりします。

 こうしたことから正常値であることだけなく大きな変化がないかということも血圧測定では重要になります。NHKのためしてガッテンでは血圧サージと表現していましたね。

4.血圧を家庭で測定するときには2回測定する

 血圧の計測の際には1回目よりも2回目のほうが何故か血圧が低くなる傾向にあるのを知っていますか?血圧を測ること自体がストレスになっているのか何回か測ると変動するんです。そのため複数回測定してその平均値とするのが望ましいとされています。

 血圧の測定値が1回より2回測ることでより正確になります。しかし診断の目的でなければ1回測れば十分であるとは思います。しかし複数回測ることで血圧に変化があることは知っておくと安心感はあると思いますよ。

 
参考
・日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」
 高血圧治療について有益な情報が網羅されているといって過言ではないガイドラインです。さらに詳しく高血圧について知りたい方はこちらを読んでみるといいと思います。疫学的なこともしっかり載っているので面白いですよ。

関連記事
血圧が高い!!高血圧だと何がやばいか知っていますか?
塩分をとりすぎた!塩分は高血圧の原因!摂取量の目安は知っていますか!?

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする