塩分をとりすぎた!塩分は高血圧の原因!摂取量の目安は知っていますか!?

 塩分をとりすぎたときに体でどのようなことが起きているかを知っていますか?塩分の摂取が血圧の上昇につながる要因について、カリウムとナトリウムの関係について書いていきます。

1.何故塩分をとると血圧が上がるんだ!?

 塩分をとりすぎるとどうなるのでしょうか?ずばり血圧が上がります。この血圧上昇がなかなかに厄介なものなのです!どうして塩分を摂ると血圧が上がるのでしょうか?ちょっとだけ説明してみたいと思います。

①塩分が体に吸収される
しょっぱいものをたくさん食べると塩分が体に必要以上に取り込まれます。栄養分の輸送は血液の役割なので、血液に塩分が移行していきます。そうすると血液の浸透圧が上がります。

②塩分をとると喉が渇く、すなわち血液の水分量が増える
つまり塩分の摂取によって血液の浸透圧が上がるのですが身体の浸透圧を一定に保とうとする働きがあります。血液の水分量を増やすことでことで浸透圧を保とうとするため水が体に必要になるのです。そのため喉が渇くんですよ。ラーメンを食べると喉が渇くのはこのためなのです!

③増えた血液を押し出すため心臓がかける圧力が増える
塩をとった結果、血液の水分量が増えるのです。そうすると平常時よりも沢山の血液を体を循環させなくてはいけなくなるので、その分心臓の血液を押し出す力が強くなることで血圧が上がるのです。

 こんな感じで塩分をとりすぎると血圧が上がってしまうのです。塩分をとることによって血圧が上がることの弊害が大きいので塩分の摂取量を少なくすることが推奨されています。

塩分をとりすぎたらカリウムをとると塩分が排出されやすくなるといわれている

 ここら辺の仕組みが正直わかりかねていますので参考程度で聞いてください。
体は恒常性を維持するため放っておけば体の中の不必要なナトリウムは排出されるようにできていますので、たまたま一度塩分の摂取量が増えたくらいでは影響は大きいとは言えません。なので何故カリウム?という気がしないでもないです。

 しかし、Na/K比が高い地域では血圧が高かったという研究※があるので、カリウムを含む食品をあまりとらないことと、高血圧には因果関係がある可能性があるのです!カリウムは野菜や果物に多く含まれているので、そうした食品を積極的に食べることが少ない地域での血圧が高かったということだと考えられます。
 朝にフルーツをとるのはカリウムの摂取量を増やすことには結びつくのでなんだかんだで理には適っていると言えますね。

ナトリウム摂取およびNa / K比が高い地域では,拡張期血圧が有意に高かった

3.一日に摂取が推奨されている塩分量は一瞬で超過する

1日の塩分摂取の推奨量を知っていますか?本当に思ったより少ないんです。

食塩相当で
男性:8g未満
女性:7g未満
参照(日本人の食事摂取基準2015年版)

とされています。これって普通に生活をしていると達成するのが実はかなり難しい摂取量の目安だったりします。

 例えばカップヌードルをスープまで全部飲んでしまうと一食で4.8gになります。なんとカップヌードル一食だけで一日の摂取量の目安の半分を優に超えてしまうではありませんか!しょっぱいものは美味しいのですがなかなかに闇が深いです。かといって塩分を少なくすると味が薄くてちょっと物足りないとなるのでバランスが難しいですね。

※実はいろいろある塩分摂取量の基準
・世界的な基準だと2012年のWHOの基準になると5g/日未満になります。なんとWHO基準ではカップラーメン食べたらもはや塩分を摂ることはできないのです!欧米の食事って日本と比べると減塩なんですかね。
・高血圧ガイドラインによる塩分摂取量は6g/日未満とされています。
・健康日本21による塩分摂取量の削減目標はH34年までに男女ともに8g/日としています。。

4.まとめ

 塩分をとると体の仕組みによって血圧が上がります。それが塩分の取りすぎは身体によくないといわれるゆえんです。塩分のとりすぎだけでなくカリウムの摂取量の少なさが高血圧に関係している可能性があることを示す研究がある。塩分の摂取量の目標は厳しいのですが上手く生活を整えていくことが求められています。


※腎機能が低下している人はカリウムの摂取は医師の指示に従ってください

関連記事
血圧が高い!!高血圧だと何がやばいか知っていますか?
検索もしくは上下矢印キーを使って項目を選択してください。 血圧を測るときに知っておくべき大切なこと~測定方法と正常値など~

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする