【料金比較】任天堂switchのオンライン有料化【PS Plus、xboxlive】

 現在無料でオンライン対戦などを行えている任天堂switchですが実はオンライン機能はまだ正式なサービスとして運用されていません。2018年9月から正式スタートとなります。そしてサービスを開始すると月300円の有料サービスとなるんです。

 いつから有料化なのかと言えばNintendo Switch Onlineの正式スタートからです。2018年9月スタートなのでそこからです。子どものプレゼントにswitchを購入した親御さんなどは青天の霹靂!?

1.オンラインプレイは原則有料になる

 オンラインプレイのサービスは「Nintendo Switch Online」という名称で2018年9月に正式リリースされます。これはオンライン対戦やその他のサービスを包括して運用されます。任天堂のオンライン対戦もこのサービスの開始に伴って有料化されます。

 実のところ現在のオンライン環境は無料体験期間という名目になっています。また有料化の具体的な日程は決まっていません。

Nintendo Switchでのオンラインプレイ
Nintendo Switchでは、本サービスに加入することで対戦や協力などのインターネットを通じたオンラインプレイを楽しめます。
※一部のソフトを除きNintendo Switchでオンラインプレイを楽しむには、本サービスをご利用いただく必要があります。
※ニンテンドー3DS, Wii Uでは、本サービスをご利用されなくても、オンラインプレイをお楽しみいただけます。
引用:任天堂「Nintendo Switch Online」

一部のソフトを除きというところがよくわからないところですね。何らかの無料でオンライン対戦するソフトも用意されるということでしょうか。

①オンライン対戦が活発なソフトは多い

・ぷよぷよテトリス
・マリオカート8 デラックス
・FIFA18
・スプラトゥーン
・ポッ拳 POKKÉN TOURNAMENT DX
などのオンライン対戦が活発なゲームを買う人には恐らく必要なサービスになります。また今後も増えて行きます。またswitchの販売が伸びているのでFPSの大作なども発売される可能性だってあります。

2.「Nintendo Switch Online」の料金プラン

 このような料金設定になっています。月300円、年2400円なのでそれほど高いという印象はないのですが小中高生からすると少し辛いかもしれませんね。

 実は家庭用ゲーム機のオンライン対戦は有料になっているのである意味では維持コストが必要になる時代になっています。

 これまでの任天堂のオンラインサービスは一貫して無料だったのですが、ついに有料化です。さすがの任天堂も有料化の流れは避けては通れなくなってきたということでしょうか。

3.すでに有料サービスとなっているPS4やXBOX ONEのオンラインサービスの価格と比較する

 PS4はPS Plus、XBOX ONEはXBOX LIVEというサービスでオンライン対戦などのサービスが既に有料化されています。Nintendo Switch Online、PS Plus、XBOX LIVEの料金を比較してみましょう。

①Nintendo Switch Online
1ヶ月¥300(税込)
3ヶ月¥800(税込)
12ヶ月¥2400(税込)

②PS Plus
1ヶ月¥514(税込)
3ヶ月¥1,337(税込)
12ヶ月¥5,143(税込)

③xboxlive
1ヶ月¥842 (税込)
3ヶ月¥2,138 (税込)
12ヶ月¥5,378 (税込)

となっています。比較するとNintendo Switch Onlineの料金は安いですね。PS Plusとxboxlive概ね1年で5000円なので2000円ほど高いです。

 任天堂はなんやかんやで良心的な価格設定なのは間違いないです。

4.オンラインが有料化は地味に辛い

 オンラインサービスの有料化はサーバーの維持費などを考えると仕方のないことかもしれません。しかしユーザーからすると年5000円とは言えお金がかかるので不要なサービスを使う必要はありませんね。

 PS4と任天堂switchの2つをオンライン対戦ができるようにすると月8000円程度かかります。たまにしか起動しないユーザーからするとまあまあ負担感はありますが時代の流れなのでやむを得ない出費ですね。

 毎月お金のかかるオンラインサービスの有料化はハードメーカーからしたらユーザーの囲い込み戦略の1つとして機能しているのかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする