格安シムを使うなら中古端末はすすめない。シムフリー端末がベスト

 格安シムにこれから移行しようという方やすでに移行した人は端末をどのように入手していくかが重要になります。その中で選択肢は中古端末かシムフリー機種です。。シムフリーの格安端末が隆盛してきている現在において中古端末にメリットはあるのでしょうか。

1.昔と違い中古端末だけが選択肢じゃなくなった

 格安シムはサポートが殆ど無いのでトラブルは基本的に自分で対応していかなければなりません。もちろん端末が壊れたときに代替機を用意してくれることもありませんし、多くのMVNOでは端末の保証もありません。そうなると端末が壊れたたら新品か中古の端末を購入する必要が出てきます。
 
 昔はシムフリー端末の選択肢があまりなく格安SIMを使う場合には中古の端末を探すことが多かったと思います。ところが現在は状況が一変して格安シムフリー端末が隆盛してきています。そのような状況で中古端末にメリットはあるのでしょうか。

2.中古の端末はそれだけでリスクがある

 サポートがないことが前提にあるのでできるだけトラブルの起こる可能性が低いものを選ぶことが重要になります。中古って以前の持ち主がどのような使い方をしていたのかが定かではなかったり、当然経年劣化もしています。新品の端末と比べれば故障する確率は高いといえると思います。

 また端末のサポート面でも問題が出てきます。実はこれはけっこう大きな問題です。セキュリティ面などで問題が起こる可能性が高くなります。例えば2014年に発売されたxperia z3という端末は2016年にリリースされたAndroid7.0へのアップデートはありませんでした。2015年に発売されたNexus 5Xは2017まではメジャーアップデートの保証がされています。Androidのメジャーアップデートを保証するのは2年位なんでしょうか。

 もし2年落ちの端末を中古で購入した場合にはメジャーアップデートからは切り離されるリスクがあるということです。同様にセキュリティアップデートも期待できないでしょう。中古はもはや購入したときからすでに時代遅れの端末になってしまっている可能性が高いということになります。

 また中古端末は保証期間も短く買って少し立って自然故障した日には悲劇です。少しでも長く使いたいのなら中古という選択肢は懸命ではないと私は考えています。中古で買ったxperiaが早々にタッチ切れを起こしてご臨終した時には本当に意気消沈しましたw

3.コスパでも性能でも格安のシムフリー端末はあなどれない

 シムフリー端末は安いやつは3万円しないくらいからあります。例えば「Huawei P10 lite」はAmazonで3万円以下で販売されています。

この値段の端末でもネットとlineくらいがメインの使用目的であれば何も困ることはありません。

 antutuという端末の性能を測るベンチマークの結果も6万店台でxperia z3が4万点台なので3年前の端末と比べれば性能上優位であるといえます。そのため少し古めの端末を使っていて困っていないなら安いシムフリー端末はかなりコスパがいいんです。

そのためあえて中古の端末を買う必要性はあまりありません。コスパ重視で格安シムを使うのならシムフリー端末を吟味したほうがいいでしょう。シムフリー端末は色々あり性能から価格まで様々です。

4.格安SIMで使えるオススメシムフリー端末

 日本で買えるシムフリー端末を出している大手企業は「apple」「Huawei」「ASUS」「Motorola」くらいです。残念ながら日本の企業はシムフリー端末はほとんど出していません。そのため選択肢はあまりないんです。

 個人的にはHuaweiがおすすめです。中国のメーカーということを気にしない人であればシムフリー端末でもっともコスパがいいでしょう。

・ハイエンド(8~10万円)
 3Dのゲームをバリバリやりたいという人はシムフリー機種の最高峰であるiPhoneが1番いいでしょう。もはや端末代を節約しない覚悟が必要です。しかしなんやかんやでiPhoneって使いやすいんですよね……。

・ミドルレンジ(4~7万円)
「Huawei P10」「Huawei honor9」「ASUS zenfone4」など
なんでもソツなくこなすような端末ならココらへんでしょう。凄い安いという感じはしない値段なのですが本当にあなどれないです。私はHuawei P9を使っていますが困ったことがありません。3Dのゲームしないからかもしれませんが。

・ローエンド(2~3万円)
「Huawei P10lite」「HUAWEI Nova Lite 」など
 ちょっと前までなら富士通の端末も選択肢に入れてもいい感じだったのですが、撤退が決まっているようなので本当にやる気のない端末しかもうありません。なのでHuaweiやASUSの安めの端末がおすすめです。性能面では日常生活ではまったく困らないのでコスパ最強です。
 

5.au系の格安シムを使うときにはシムフリー端末は使えるか確認が必要

 最後にちょっとした問題なのですが、格安シムは一筋縄ではなくau系の通信網を使っているUQやmineoのAプランやIIJのタイプAなどでは使える端末が制限されます。そのためau系の格安シムを使っている方は端末を買うときには気をつけてください。上記の機種もau系では使えないものが混ざってます……。P10やhonor9やnoveliteはau系では駄目なはずです。ドコモ系なら問題ないんですけどね。ちなみに不安なときはiPhoneを買えば間違いないです。

参考サイト
ガルマックス「実機AnTuTuベンチマークスコアまとめ」

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする