健診で尿蛋白±だったから新ウリエースBTでセルフチェックした

 健康診断の結果が返ってきたら尿蛋白が±で異常値でした。「 次回の健康診断でも注意してください。 」的なコメントまでご丁寧に書いてありました。

仕方あるまいので尿蛋白をセルフチェックするために「 新ウリエースBT 」を買ってみたので紹介します。

尿蛋白だけでなく尿糖の検査もできるのでいろいろ不安な人にはお勧めです。

1.尿蛋白って出ても大丈夫なのか問題

 世の中では「 尿蛋白が出ている=健康状態が良くない 」ってイメージがあるのではないでしょうか。

 実は尿からは正常でもタンパク質は出ています。それを「生理的蛋白尿」といいます。体の機能として問題ない範囲での尿蛋白ということです。

しかも身体の状態によって尿に含まれる蛋白の量は増減するのです。例えば「発熱」 「激しい運動」 「タンパク質の多量の摂取」 などによって尿蛋白の量は一時的に増えます。

そのため健診の結果としても受診を推奨していませんでした。そのため私はセルフチェックで 尿蛋白が出続けているのか確認してみてみて経過観察することにしました。

2. セルフチェックするなら新ウリエースBT

とりあえず尿蛋白が±だったという事実は変わらないので次の健診まで放置するよりはセルフチェックしようと思いました。

① 新ウリエースBT買えば尿蛋白・尿糖を家庭でセルフチェックできる

そこで登場するのが「 新ウリエースBT 」です。過程で尿蛋白や尿糖をセルフチェックできる素敵アイテムです。

尿が泡立つから尿蛋白を疑っているときなどにもセルフチェックとして使える代物です。

尿蛋白のみや尿糖のみというのもあるのですがそれほど価格差がないので療法チェックできたほうが気分的にお得なので尿蛋白・尿糖を両方チェックできるのを買いました。

②10枚を買うか50枚を買うか問題が勃発する

セルフチェックのために新ウリエースBTをAmazonで買おうと思ったんですが10枚と50枚の価格差がそれほどありません。でもどう考えても50枚も使わないので無駄に悩みました。

とりあえず10枚を買ったのですが50枚でもよかった気もします。1枚当たりの値段が違いすぎです。

③新ウリエースBTの使用期限

50枚を買うのを悩んだ理由の1つとして使用期限があります。この手の検査用紙は使用期限が切れていると結果が正しくでないんです。

使用期限が切れたり湿度によってダメになったりということがあるので正確な検査のために10枚を適宜買ったほうがいいかなと考えました。

ちなみに2019年の1月に買ったものの使用期限は2021年9月までだったのでそれなりに使用期限はあるかなと思います。

3.実際に新ウリエースBTでセルフチェックをする

Amazonで買って届いたためセルフチェックしてみました。

こんな感じの外観になっていて試験紙に尿をかけた際に色で判別するようになっています。

試験紙はこんな感じで手に持ち直接尿をかけるか、紙コップに尿をためて試験紙を浸し測定する感じになっています。

①使い方は簡単

上記したように使い方は超簡単ですね。箱に書いてある説明だとこんな感じです。細かくは説明書を読んでみてください。

あとは紙の色が変化するのでその結果を判別して終わりです。朝一の尿で検査するって指定がある以外は何も面倒なことはありません。

一般的には朝一の尿で中間尿を取ると正確な結果が得られやすいって言われています。おしっこの出始めと終わりではなくその中間のドバドバ出ているときの尿を採取するといいです。

②私の結果

私の尿蛋白の結果は新ウリエースBTでは陰性となりました。とりあえずの安心料としてセルフチェックしてみてよかったです。

また異常がある場合にも疾患の早期発見につながるので非常に有用だと思います。

4.気になるようなら病院を受診するか産業医に相談する

あくまでセルフチェックなので気になる方は病院を受診して医師の指示を仰ぐといいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする